「天は赤い河のほとり」が電子書籍で読んでみたい

「天は赤い河のほとり」が電子書籍で読んでみたい

かなり前のことになるけど、「天は赤い河のほとり」というマンガが大好きだった。
普通の中学生の女の子が、急に古代オリエント強国のヒッタイトにタイムスリップするという内容のファンタジー。

 

似たようなストーリーでもっと古くは古代エジプトに飛ばされる「王家の紋章」とか、完全に仮想の国に飛ばされるひむろさえこの「彼方から」などがあるけれど
私はダントツこの「天は赤い河のほとり」が好きなのだ。
何と言っても主人公が実にアクティブ。自分でどんどん敵を倒しに行っちゃうし、ほんとに普通の中学生かなというくらい勇ましい。
でも現代に帰りたがっていた主人公が、だんだん国全体の益を図って行動するようになっていく様はなかなか爽快だった。

 

そんな「天は赤い河のほとり」も最近ではブックオフで100円コーナーで見かけたりしてちょっと残念になったりしていた。
このコミック、たしか普通のコミックより高かった気がするんだけど…でもそれだけ月日がたったということね、と思っていた。

 

今日、何気なく眺めていたネットのページの片隅に、「天は赤い河のほとり」がEpub形式でつまり電子書籍で見られるという宣伝が出ていた。
うわ〜なつかしい〜と思い、迷わず立ち読みをクリック。しかしほんの10ページくらいで終わってしまった。

 

このコミックには個人的にこの巻だけ買おうかなと思うくらい好きなシーンがある。
でもばらばらと数巻だけあってもしょうがないか、と諦めていた。電子書籍なら場所とらないな〜とちょっとムクムク欲しい気持ちが…。
でも1巻400円以上、と電子書籍になっても微妙にお高かった。安売りにならないかな‘〜。